コンディショニング

 肩が痛くなったり、肘が痛くなったらもちろん最高のパフォーマンスを発揮することができません。肩や肘が痛くなる原因は、いろいろありますが一番大切なことは、発症する確率を下げることです。
  
そのためには、日々のストレッチなどのトレーニングが必要になります。また、肩や 肘に負担をかけているフォームをしている場合は、修正する必要があります。

 

 一番代表的な負担がかかるフォームは、肘が下がるフォームです。両肩を結んだ線より肘が下がってると負担がかかっている可能性があります。
 

 講習会では、肩・肘に負担がかかるフォームを解説します。それを踏まえた上でトレーニングのやり方を解説します。

 新チームが始まった時や新入生が入ってきたときにぜひ、聞いてほしい内容です。ハードな練習をする前にケガの少ない身体を作りましょう。

雑誌に掲載されました

koshiconのバッティングについての考え方の一部が2015/12/18発売の中学野球太郎Vol.9に掲載されています。

是非ご覧ください。

 

雑誌に掲載されました

koshiconのバッティングについての考え方の一部が2013/3/18発売の中学野球太郎に掲載されています。是非ご覧ください。